実習も充実している専門学校へ|理学療法士の夢を叶える第一歩

勉強道具

選ばれている理由

女の人

体をサポートする仕事

理学療法士は、障害がある人の歩行訓練や運動訓練の回復をサポートする仕事が中心ですが、最近ではスポーツクラブやトレーナーとして活躍している方も多くいます。そのため、理学療法士の専門学校では多くの生徒が通っています。医療系の専門職になるために、卒業後の就職率が高いのが特徴です。実際に仕事ができるように学習だけでなく、実習を通じて仕事に役立つ能力が身に付きます。実習先は、病院や老人介護福祉施設で現場のスタッフの仕事を見ることができます。就職に強い、理学療法士の国家資格対策も行っています。合格した先輩のアドバイスを受けることができたり、グループ学習も実践しています。学校で模擬試験を何回も行っているので、ひとりひとりの弱点が克服できるようになっています。理学療法士の専門学校は、昼間のクラスト夜間のクラスがあります。夜間のクラスは、働きながら勉強をする人が多いです。興味がある方は、学校説明会に参加すると詳しいことがよくわかります。学生スタッフさんが案内してくれたり、個別相談では先生に直接質問ができます。入試や学費のことや、就職事情についてもお話があります。アルバイトも可能になっていて、勉強と両立している学生さんが多数です。学生寮はあるところとないところがありますが、学生専門のマンションの紹介などをしてくれます。大学と同じように、テニスやサッカー、バレーなどスポーツのサークルが活発な理学療法士の専門学校もあります。まずは、ホームページをチェックして専門学校の資料を取り寄せてみましょう。