実習も充実している専門学校へ|理学療法士の夢を叶える第一歩

勉強道具

国家資格取得が叶う学校

ウーマン

効率的な学び方

理学療法士になるためには、大きく分けて二つの方法があります。大学で学ぶ方法と専門学校に通って学ぶ方法です。どちらの方法でもしっかりと勉強すれば資格を習得することができます。しかしながら専門学校で学ぶと得られるメリットが多くあります。まず効率的に知識を学ぶことができるということです。専門学校は基本的に専門分野の知識習得を目的とした教育機関です。すなわち専門学校を利用すれば、効率的にその学問を習得できるのです。また専門学校では少人数で学ぶことが多く、勉強がしやすい環境と言えます。一人ひとりにしっかりと理学療法士の国家試験対策を行ってくれるため、選ばれているのです。理学療法士になるための専門学校には夜間課程もあります。夜間課程で学べば、昼間は仕事をしているという人でも理学療法士の資格を取得することができるのです。また夜間課程は昼間に学ぶよりも学費が安いという利点もあります。理学療法士になるために専門学校で学ぶ場合、4年制と3年制を選択する必要があります。3年制で学ぶメリットはなんといっても早く資格を習得できるということです。4年制より1年早く働くことができるので、その分多くの経験を積むことができます。また4年制に比べると学費を安くすませることができます。一方で4年制で学ぶメリットは、高度専門士という称号が得られることです。高度専門士は高度な専門的知識を有していると評価されるものです。大学を卒業した人とほぼ同等の評価を得られることができます。