実習も充実している専門学校へ|理学療法士の夢を叶える第一歩

勉強道具

医療現場で働く

紳士

リハビリの専門家

近年の医学の発達に伴い、日本人の平均寿命は伸び、今や高齢化社会が超高齢化社会になりつつあります。どこの病院、施設でも高齢者はいっぱいです。医師や看護師不足は昔から言われています。しかし、医療の現場で活躍するのは医師、看護師だけではありません。理学療法士という職業はご存知でしょうか。いわゆるリハビリの専門家です。例えば、脳梗塞や脳出血で手術などの治療を終えた患者さんは、何らかの後遺症が出てくることが多いです。手が動かせない、歩けない、起き上がれないなどの生活するうえで欠かせない動作に障害が出てきます。このような患者さんをできるだけ元の生活に戻してあげるような訓練を一緒にしてサポートするのが理学療法士の役割です。人の人生は生活です。病気を乗り越えた患者さんの生活の質を取り戻すため、理学療法士の存在意義は大きいものです。理学療法士になるのには、専門の4年制大学か3年制短大、または3年制か4年制の専門学校で学び、国家試験に合格しなければなりません。おおよその学費は国公立大学では250万、4年制私立大学では550〜800万、3年制350〜500万が一般的と言われています。大学では通常の一般教養1年目で学ぶことになりますが、専門学校では一般教養の単位数が少ない分、3年で必要知識・技術を身につけることができます。早く社会に出てバリバリと現場で働きたい、そんな人には専門学校はお勧めです。また、大学よりも専門学校は学費が安いこともメリットになります。