実習も充実している専門学校へ|理学療法士の夢を叶える第一歩

男性
紳士

医療現場で働く

理学療法士は病気治療後の患者さんの生活をできるだけ元の状態に戻せるよう、日常生活動作の訓練を行います。理学療法士になるには、大学か専門学校で専門知識を学び、国家試験に合格しなければなりません。専門学校のメリットは、早くに現場に出て働ける、学費が大学よりも安いというところにあります。

ウーマン

国家資格取得が叶う学校

理学療法士になるために専門学校に通うと多くのメリットが得られます。効率的に知識を学ぶことができるほか、勉強しやすい環境で学習できます。また夜間課程もあるので、昼間は仕事をしているという人でも学ぶことができます。

なりたい自分になる為に

男の人

学校選びで知っておく事

理学療法士を目指す人は必ず養成機関である専門学校等に入学する必要があります。極端に言えば、どの専門学校等でもこなすカリキュラムは同じです。しかし学ぶのならば自分に合った学校を選びたいものです。少しでも自分に合った専門学校を選ぶ為に、以下のポイントを知っておくと、選択する際に役立ちます。まず、実習先や就職先を知る理学療法士の学校では必ず臨床実習があります。臨床実習では病院や施設に直接行き、一定期間現役の理学療法士から指導を受けます。重要な事はその専門学校がどんな実習先を確保しているかです。通える範囲にあれば良いですが、通えない他府県であるならば、宿泊代も必要になります。また卒業生が就職している病院や施設を知る事も重要です。自分の希望している分野や場所に卒業生が就職しているかを知れば、就職しやすさや情報を集めやすくなります。教員の専門分野を知る理学療法士を目指す動機は人それぞれですが、漠然とリハビリの仕事について興味を持ったきっかけはあるでしょう。高齢者リハビリや小児リハビリ、スポーツ選手のケガに対するリハビリ等といったように理学療法士も多くの専門分野に別れています。将来働きたい分野の教員がいれば、その分野の知識を深める事ができます。これらの事はオープンキャンパスや、学校のホームページで確認できます。オープンキャンパスでは在校生の雰囲気を知る事ができます。学びたい事や就職しやすさだけではなく、これからの学生生活を有意義に過ごせると感じられる学校である事も、選ぶ時に必要なポイントです。

女の人

選ばれている理由

理学療法士の専門学校では、就職に役立つ実践的な授業が多く就職率が高いのが特徴です。障害がある方の歩行訓練や運動機能のサポート、スポーツクラブのスタッフなど幅広く活躍できます。国家試験の対策の模擬試験も充実していますので、学校説明会に参加したり資料を取り寄せたりしてみましょう。